« ベトナムコーヒー | トップページ | カウントダウン »

【映画】アントマン

Antman

エイジ・オブ・ウルトロンのあとって、
シビル・ウォーだと思ってたのよ。

アントマンも、マーベル・シネマティック・ユニバース、
クロスオーバー作品群のひとつだったのねー!


知らなかった。
うっかり見逃すところだった。。。


そうなんですよ。
ぜんぜん見るつもりなくって。

でも、なんだか時間ができて、
レディースデーだし、

かるいの一本見ておくか、ぐらいの気持ちで。


だってね、

スコット・ラングだし、
監督はコメディ映画専門の人だし、

アベンジャーズ作品と雰囲気が違うでしょ。

いや、笑っちゃうようなところも、
シリアスにやってのけるのが、アベンジャーズでしょ。

いや、笑えるところもあるんだけど、
影があるでしょ、どのヒーローも。

スコット・ラングだと、
さえないけどにくめない、みたいな イメージが強くてさ。

なんか、違うんじゃないか??
違うだろ??  って、思い込んでたわけです。


それがですよ、

いや、かっこいいかもよ、スコット・ラング。
アクション似合うかもよー、って思っちゃった。

ちゃんと脱いでムキムキシックスパックも見せてくれてたし。

ああ、ムキムキのイメージないよね、
スコット・ラングって。

いいよ、 OK、
アベンジャーズに入れてあげちゃうよ、って感じよ。


んで、ニューヒーロー誕生、というわけで、
シビル・ウォーに続きます。


アントだから、アリなわけです。

アリサイズなだけでなく、
アリが仲間、アリが相棒、アリがお友達です。

アリがうじゃうじゃなので、昆虫苦手な人はツライかも。

苦手なんだけど、
見てるうちに、なんとなくかわいく思えてきた。


スタン・リーは、けっこうあとのほうに登場でした。
めっちゃアップで、わかりやすい。


|

« ベトナムコーヒー | トップページ | カウントダウン »

映画・テレビ」カテゴリの記事