« 志賀高原ダイジェスト | トップページ | カレー曜日 »

【映画】バクマン。

Bakuman

ジャンプって、すごいんだねー。

読んでたことあるよ。
弟が買ってたからね。

80年代。
Dr.スランプとか、
ドラゴンボールの最初のころとか、
キャッツアイとか、キャプテン翼とか。

こち亀とか、キン肉マンとか、
あ、これはまだ連載してるらしい。すごいな。


そんな週刊マンガ雑誌の、
シビアな世界に、

高校生の夢を重ねて、
高校生じゃない大人たちの夢も重ねて、

マンガでマンガをドキュメンタリー。


原作は、まったく読んでません。

Eテレでやってたアニメ版は、
ダンナとちゃむがみてたのを、みてた程度。


ふつうだったら、
映画をみようって思わない作品なんだけど、

糸井さんが、めちゃめちゃ推してたのよ。

なんだか、
みておいたほうがいいかなー、って思っちゃって。


うん。
確かにおもしろい。

見せ方が、独特で、印象的。

マンガを作るマンガを、
映像化する、って、複雑なことを、

圧倒的なエンターテイメントにしちゃう。


とにかく、
マンガの世界のシビアさがすごい。

死人が出ちゃうぐらいだもん。
あの仕事量を、週刊だもんね。

いまだにぜんぶ手書きなのかな。
ザッ、ザッと、ペンで線を引く音が耳に残る。

読者からの投票が全てで、
消耗するだけして、簡単に蹴落とされていく。

怖いよ。
仕事になんてしちゃいけないよ。

ほんと、バクチって言葉がぴったりだ。


中途半端な大学へ行って、
中途半端な会社に入るぐらいなら、

人生かけたバクチしよう、って。


あんなに夢中になって、
全身全霊で取り組めることに出会えることなんて、

滅多にない。
ありえない、ぐらい。

本気で生きるって何なのか、
高校生に教えてもらっちゃったよ。


糸井さんと監督が、
作品について対談してます。

裏話、いっぱい。
作品をみたあとに、もう一度たのしめます。


|

« 志賀高原ダイジェスト | トップページ | カレー曜日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事