« サッパリの日 | トップページ | ベジボール »

【映画】エール!

Thebelierfamily

パパ、ママ、弟、
みんな聴覚障害で、聞こえない世界に住んでる。

そんな家族のなかでただひとり、
聞こえる世界を知っている女の子が主人公。

聞こえない世界を共有しつつ、
聞こえる世界で生きる。


聞こえない世界に住む親にとって、
音楽の道を選ぼうとする娘って、

キッツイなー。

娘も同じく、
その世界を選んでしまうことの葛藤って、

キッツイなー。


でも、

キッツイ感じを見せず、
もちろん困惑や衝突はあるけれど、

シリアスになりすぎず、
コメディの風をそよそよと吹かせて、

ハッピーエンドに盛り上げる。


フランス映画です。

性描写がお国柄、なのかな。
あけっぴろげ。うらやましいぐらい。

だからといって、

親の性病の受診に、娘を通訳として連れてくって、
頼りすぎ。


とにかく頼りすぎ。

聞こえない親が、聞こえる娘を。


生活、仕事、すべての通訳は娘。

ふつうじゃ言いにくいような皮肉も娘に通訳させようとして、
娘が別のことばでその場をしのぐ。

家族を大切に、家族を第一に、
って育ててきた、ってママは言うんだけど、

それって、娘を便利に使うために、
縛り付けてきたようにしか見えない。

親のために働く、すばらしい娘だ、って、
そんな評価しちゃだめよ。


娘の歌に、感動する観客たち。

でも、家族にはわからない。
パパは、観客が感動する姿を見て、やっと理解する。


歌って、音の流れだけじゃなく、
歌詞があって初めて、メッセージになる。

歌詞ってたいせつだな。
やっぱり歌は言葉あっての歌だ。

どんな美しいメロディも、
言葉の力には、勝てないと思うよ。


飛び立つのは、娘だけじゃない。

家族、ひとりひとりが、
頼りきってた娘から飛び立たなきゃね。


高校生のコーラス隊、選曲がすごいよ〜。
情熱的な男女の愛の歌。

これもあけっぴろげなお国柄?
さすがフランス。

それを聞いて、親たちは感動するんだから、
ふつうのことなんだろうか。

アメリカだったら、
歌って踊ってgleeになっちゃうところを、

シンプルに、
情熱的な愛を歌で語るのがフランス流?


|

« サッパリの日 | トップページ | ベジボール »

映画・テレビ」カテゴリの記事