« 城ヶ島初撮り | トップページ | 鏡開き »

月の道

Dsc01465

金曜日に海街の7巻が発売になってた。

予約するどころか、じぇんじぇん気づいてなくて、
昨日の夜になってやっと知って、
あわてて本屋へ駆け込んだ。

この巻は、
途中の1話だけ、雑誌で読んだんだった。

今回も、ほんといいストーリーだった。
厳しくて優しくて。


そんな一話目「同じ月を見ている」に、
月の道の話が出てきた。

高校を中退して小笠原へ行った朋章くんが撮った、
月の道の写真のこと。


そういえば、何度か撮ったことあったなー、って、
みつけたのがこの写真。

今井浜のホテルのベランダから。

ほんとうは、もうちょっと明るい時間に撮った、
紫色の月夜写真を思い出してたんだけど、

それは見つからなかった。
どこへ行っちゃったんだろ。


「こんなふうにスーッと一本 道が見えてたらいいのに」
って、すずちゃんが言う。

「月が君の道を照らしてくれますように」
って、朋章くんからのメールに書いてある。


でも、あたしの写真の月の道の先は、
どうやら真っ暗闇のようだ。

あらら。


次の巻は、また来年だろうな。

待ちきれなくて、
連載雑誌買っちゃいそうだよ。


|

« 城ヶ島初撮り | トップページ | 鏡開き »

書籍・雑誌」カテゴリの記事