« きのうの夕焼け | トップページ | 太陽を見てはいけません »

【映画】ズートピア

Zootopia

きのうの夜は、
憑き物が落ちたみたいに急に気分がよくて、

今朝も、傷の違和感とかゼロで、
やっぱり気分もそこそこよくて、

もしかして山場は越えたのかも!
なんて調子に乗ってたら、

不調がじわじわ戻ってきました。

でもきっと、
こうやって慣れていくのだ。たぶん。


ちょっとあがった気分にエネルギーを注ぐべく、
放射線治療が終わってすぐにシアターへ。

あちこちでオトナに高評価の、

夢があって、元気で、
前向きになれそうな作品をチョイスしてきました。


でもさ、これ。


子どもは、何を思うんだろう。
それがすごーく気になった。

平日昼間だけど、
パパと子どもの組み合わせが、けっこう来てたので。


テーマは、

個の特性と、
それによって生まれる差別意識について、だな。


キツネが卑怯者、っていうのは、
アメリカではあちこちで表現されてるよね。

メグ・ライアンとトム・ハンクスの名作、
ユーガットメールも、

汚いやりかたの大手本屋がFOXだったし。
F,O,X,F,O,X,繰り返し言ってたね。


うさぎが弱いっていうのは、
まぁ、イメージ通りで。

弱い動物で、さらに女子。

そこを努力でのしあがっていく。

そこをクリアしたら、
なんでもクリアできそうな前提。


肉食動物がいて、
草食動物がいて、

肉食動物が草食動物を食べるから、

草食動物は、減る分見越して、
そもそもの数が多いんだけど、

ああやって、ピラミッドをとっぱらって、
平たい関係にしちゃったら、

そりゃ、数が勝つんだよ。

一見、強い。
確かに怖い。

でもさ、やっぱり数だ。

マイノリティーになったら、
どんな個だって弱者になりうる。


そんなことよりも前に、

個としての適正を超えて、なりたいものになる、
っていうのを、

努力が解決できればいいけど、
解決するんだけど、

手放しに、よかったね、って言えるかな。


あとさ、
結局、住み分けてるんだよ。

小さい動物の街があったでしょ。

みんないっしょ、
みんな平等って街だけど、

そもそもの個の差が大きいから、
すべていっしょは無理な訳で。

それぞれが生きやすく生きるためには、
結果として、分けることは必要だ、ってことでしょ。

やっぱり無理なんじゃん。
みんないっしょ、なんて。


さらにね、
みんないっしょに、を解決するいちばんの方法が、

個が変わること、だって言ってた。

それって、個の否定じゃないの?


あああ、
なんだかまとまらないんだけどね。

たくさんのもやもやが残ってしまいました。
考えすぎ?


吹き替えでみたのですが、
歌がとっても残念でした。

Try Everything を、
やるのよ〜♪ って、

やるのよー、やるのよー、なんどもー、って。

なんだそりゃ。
勝手にやってろよ。


やばい。
ものの見方が、ぜんぶナナメになってる。


|

« きのうの夕焼け | トップページ | 太陽を見てはいけません »

映画・テレビ」カテゴリの記事