« こんなところに | トップページ | 診療ガイドライン »

褪せる

Img_6733

紫陽花の季節は、もう終わりのころ。

色褪せてきた花もまた、よし。
始まりがあれば終わりがある、ってことだ。

そんなにいつまでも、
始まりの、きれいなままでいられないでしょ。


人って、何かあると、

戒めとか、
制裁とか、
代償とか。

そんな理由をつけたがる。


かと思えば、

贈り物だって、
ギフトだって、
恵みだって、

ありがたく頂戴しちゃう。


正反対の感情は、背中合わせで、

どっちを選ぶかは、
自分次第なんだけど、


模範解答を選べないときもあるよね。


気持ちも、
想いも、

褪せるときがくる。

またきれいに咲けばいいし、

それで終わりなら、
それもまたよし。


じぶんの模範解答を、
誰かに求めちゃいかんのだ。


|

« こんなところに | トップページ | 診療ガイドライン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事