« ルノワール展と夜廻り猫 | トップページ | ぼんやり »

廃墟に草が芽吹くのは

P6200002

朽ちた家とか、
空き地とか、

廃墟みたいなところには、
あっというまに草が生えて、

このぐらいの季節になると、
何があったのかわからないほどになる。


勢いがありすぎて、
怖いほどに草に覆われているところもある。

そもそも土のなかったような、
レンガやブロックの隙間にも、次々と生える。


廃墟に草が芽吹くのは、
見たくないものに蓋をするようなものだ。

秋になって草が枯れれば、
廃墟はまた顔を出すけど、

ときには覆い尽くして、
見ないふりをすることも必要なのかも。


P6200032

ちなみに、写真の廃墟は赤れんが。

商業施設になっている倉庫のほかに、
朽ちた遺跡のような倉庫跡があります。


|

« ルノワール展と夜廻り猫 | トップページ | ぼんやり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事