« 森林公園・朝さんぽ | トップページ | 定点観測 »

死にゆく患者と、どう話すか

Img_9984

いや、
あたしはまだまだ死にませんけど。


いま読んでる本。
「死にゆく患者と、どう話すか」。

非常に、手にしにくいタイトルです。

でもこのタイトルだから、
目をひくのも事実で。


がん患者と医師・看護師の、
コミュニケーション論。

がん専門雑誌に連載されていた、
看護学生向け講義の記録だそうです。



本屋さんで専門書の棚をふらふら見てたら、
平積みされてた。

うーん、面白そうだけど、
タイトルが患者としては躊躇だなー、

って買うのをやめて車に戻って、

なんとなくTwitterを開いたら、
フォローしてる病理医さんがオススメしてました。

さっきの本じゃん、やっぱり読むか。
って、本屋に戻って。


告知から、終末期まで。

よりよい関係を築いて、
治療をすすめるテクニック。

ドラマのシーンを例にしたりしてて、
わかりやすく、面白い。

授業をすすめる化学療法科の先生の、
主義主張が素晴らしい。


命がかかってるし、
どうしても感情的になるし、
こじれれば裁判沙汰にもなりうるし、

必要な手続きとココロのケアのバランス、
なかなか難しいよねー。


とりあえず、
不安は跳ね返さずに受け止めてほしいし、

それはいつも、
同じ人であってほしい、かな。


医療関係者はもちろん、
患者になるかもしれない人、
患者の家族になるかもしれない人にもオススメです。


|

« 森林公園・朝さんぽ | トップページ | 定点観測 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事