« 夏もみじ | トップページ | 荷物準備 »

19

Img_4726

土曜日に通りかかった、
河原町通りの寿ビルデイング。

ここに今日、
ほぼ日のTOBICHI京都がオープンしたんですって。

6月6日は、ほぼ日の創刊記念日で、
19周年。

記念のイベントのネット中継があって、

ちゃむさんの修学旅行の荷物を作りつつ、
楽しませていただきました。


19年前にスタートして、
19歳になった、ほぼ日。

19歳、
19年をテーマに、
特別講義もあったりして。


自分の19、
振り返ってみました。


Pic00070

ちょうど19年前の6月のあたし。

ふつうに東京っぽいけど、ニューヨークです。
遊びに行っただけです。二十代半ば。


ほぼ日が生まれた19年前は、
会社をやめようと決めたころ。

個人のホームページを始めたりして、
ネットでつながりができたりして、

ボランティアとか仕事とか、

会社やめても、
パソコン関連で、フリーランスで、

やっていけそうだな、って、
必要としてくれるところがありそうだ、って、

漠然としつつも、手応えを感じたころ。

いまではすっかり基準以下ですが、
当時はそこそこパソコンに詳しい人だったので。


そんなときに誕生した、ほぼ日。

目標になったり、
お手本になったり、
情報の窓になったり、
知識や興味の入り口になったり。

ネットの世界であれこれしていくなかの、
灯台みたいな存在だったなー。

19年経って、
取り巻く環境はいろいろ変わったけど、

灯台みたいな、窓みたいな、
そんな存在であることに変わりはないね。


そして、思い出した19歳のころ。


大学受験に失敗して、
浪人が許されず、

とりあえずの勢いで、
興味もないのに専門学校の情報処理科へ入って、

やっぱり大学へ行くべきだった、って、
世界史の教科書を開いてたのが、

19歳になった夏だった。

やっぱり大学へ、を叶えたのは、
社会人になった翌年の21歳だったから、

もう少し先のはなし。


たしかに19歳って、微妙な年齢。

学生の人もいれば、
社会人の人もいれば、
どっちにもなれなかった人もいる。

たくさん迷って、
閉塞感があって、
不安だらけで、

何をどうやって、
未来を切り開いていけばいいのか、

暗中模索とは、まさにこのこと。

道が見えないんだよね。
視野が狭くなりがちだから。


視野、狭かったなーと思う。
平均台みたいに細い道のうえを歩いてた。

落ちたら最後って思ってて、
ほんとに落ちた。


大学受験の失敗は、
こうなる、っていうのを具体的に思い描きすぎて、

その、こうなる、っていうのも、
こうなるべき、みたいな思い込みで、

ほんとうにそうなりたいのか、
ほんとうにそれが好きなのか、って言われたら、

じぇんじぇん違ったんじゃないかと、
いまはわかる。

大学は就職予備校じゃないんだから、
何を学ぶかを、もっと考えればよかった。

そんなこともわかってなかった。


絞り込みすぎて、
まったく柔軟性に欠けていた。

柔軟性を身につけるための、
知ろうとすることが、足りなかった。

19歳は、その前の段階でも、
もっと、いろんなことを知らなきゃいけなかったのに。

きっとそのために大学はあるのに。

こうなるべき、っていうのを決めた段階で、
わかったつもりになっていた。


あのころに、
たくさん忘れ物をしてきたような気がして、

取り戻せない時間を繰り返し嘆いてきたけど、

さっきね、
思い出して検索したら、

こんな歌詞だったよ。


19


19 (nineteen)、
あのころ、繰り返し聴いてたはずなのに、

なんにも見えてなかったなー。


|

« 夏もみじ | トップページ | 荷物準備 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事