« 水鏡 | トップページ | 羊と鋼の森 »

アナストロゾール一週間

Img_0548

左がタモキシフェン。
右がアナストロゾール。

抗エストロゲン剤から、
アロマターゼ阻害薬へ切り替えて、

一週間が経ちました。


アナストロゾール。
名前が覚えられない。

錠剤が小さくて、飲んだ気がしない。


アロマターゼ阻害薬とは、
閉経後の乳癌の治療に用いられる治療薬で、

アロマターゼという
酵素の活性を阻害することにより、

アンドロゲンから
エストロゲンが生成されるのを抑制し、

乳癌の増殖を抑制します。


とにかく、
エストロゲンをひたすらカット。

エストロゲンっていうのは女性ホルモンで、
閉経してもアンドロゲンから作られるのですが、

それをカットしてるってことは、
老化まっしぐら、です。

肌ツヤとか、自律神経とか、
脳の働きとかに関係してるらしい。


頭が働かないのは、
3回目の手術のあとからずっとで、

何も覚えられない、
何も考えられない、のだが、


新たな副作用かなー、と思う症状は、
イライラ。

なんにでも文句言いたい感じ。

タモキシフェンのときの、
シクシク悲しい。。。 から、

当り散らしたい怒りへシフトしてます。

世の中のバカヤロー、みたいな。


そんなときに、
ちゃむさんと家にお籠りはツライわ。

雨とか降ってんじゃねーよ、
バカヤロー、です。


|

« 水鏡 | トップページ | 羊と鋼の森 »

乳がんのこと」カテゴリの記事