« ラテをどうぞ | トップページ | 焼きプリン »

【映画】ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

Thepost

原題は、The Post、
ワシントンポスト紙とその周辺に起こった実話。

メリル・ストリープ、
トム・ハンクス、

スティーヴン・スピルバーグ。


夫の自殺後、

家族経営だった新聞社の
社主を引き継いだケイ。

女性だから、
専業主婦だったから、

彼女はお飾り程度の社主。

言いたいことも言えない。
会社のトップ陣からの期待も尊敬もない。

そんな彼女の決断。


国が重ねた嘘。

嘘に嘘を重ねた結果が、
歴史の1ページ、

いや、
歴史書一冊分くらいになる。


嘘はいけない。

でも、
そんなきれいごとじゃ成り立たない面もあるかも。

間違っていたかどうかの答えは、
未来にしかないのだろうし。

ただ、犠牲が大きすぎた。


ストーリーは、
ウォーターゲート事件の幕開けへと続く。


こういうパワーのある作品が好き。


1971年夏の出来事だったのね。

そういえば、
始まったばかりの朝ドラの主人公が、

1971年夏の生まれで、
あたしといっしょだった。

なんだか1971年の夏がキテルね。


|

« ラテをどうぞ | トップページ | 焼きプリン »

映画・テレビ」カテゴリの記事