« MIYABI | トップページ | トンネル »

【映画】天才作家の妻 40年目の真実

Thewife

今年のショーレースは軒並み、

主演男優賞はラミ・マレック、
主演女優賞はグレン・クローズ。

アカデミー賞もこれで決まりなのかな。

ラミ・マレックは、
もちろんボヘミアンラプソディ。

そしてグレン・クローズがこの作品。


めちゃめちゃ仲のいい夫婦なのよ。

新婚かよ、ってぐらいの。
老夫婦なのに。

ベタベタよ。
あれが普通なのかな。


認めてくれて、
愛してくれて、
必要としてくれて。

そういう存在だった。
お互いに。


理想的、
なのかもしれないし、

そんなカタチが目の前にあったら、
求めてしまうかもしれない。


ノーベル賞授賞式が行われる、
今と、

学生の頃の記憶が交差する。

いくら才能があっても、
女性が認められなかった時代。


夫がね、
純粋なのよ。

褒めてないほうの純粋。

だから成り立ってたんだと思う。


もっと早くに、
ユニットっていうか、コンビっていうか、

一人の名前でも、
共作の作家として売り出せたはず。

なんてのは、成立しなかったんだ。
夫婦だから。家族だから。

依存してるから。


まぁ、
共依存で、DVだよね。


ある意味、
めでたしめでたし、だった。

彼女はこれから、
きっともっといい作品を書くんだろうな。


|

« MIYABI | トップページ | トンネル »

映画・テレビ」カテゴリの記事