« トンネル | トップページ | てくてく »

【映画】メリー・ポピンズ リターンズ

Marypoppinsreturns

ジュリー・アンドリュースが、
エミリー・ブラントになって帰ってきた。

原作にも、
「帰ってきたメアリーポピンズ」があるくらいだから、

何度でもリターンしてほしい。


前作の公開は、1964年だったそうです。

トラバースのメアリーポピンズを
映画化するまでのすったもんだは、

映画「ウォルト・ディズニーの約束」にて。


それをみたときの投稿にも書きましたが、

メリーポピンズ・愛、
なのです。

たぶん、
もっとも繰り返しみている映画で、
もっとも繰り返し聴いてるサントラです。


だから、

ものすごーく期待してたし、
ものすごーく心配でもあったけれど、

ものすごーくうれしかった。


物語は前作から20年後。


雲のあいだから、
やってきた姿を見たときには、

胸熱、ってこれだな、って。


エミリー・ブラント”ポピンズ”も、
めちゃめちゃいいのですが、

リン=マニュエル・ミランダがさらにいい。
ハミルトン見てみたい。


ジャックは、
バートの弟子なんだって。
バートは世界中を旅してるんだってー。

点灯夫って役まわりもいい。

灯りを灯して歩く、
また消して歩く人たち。


アニメーションの世界に飛び込むスタイルは、
前作のまま、

現代風にしすぎず、
完全なるリスペクトのもとに。


そしてそして、
ディック・ヴァン・ダイク。

93歳だって!

前作で演じたミスター・ドース・シニアよりも、
若々しかった!


あああー、
まだいろいろあるけど、

とりあえずサントラをダウンロードしたので、
聴きこみます。

アカデミー賞には、
The Place Where Lost Things Goがノミネートされてますが、

The Royal Doulton Music Hall とか、
A Cover Is Not the Book とか、
Trip a Little Light Fantastic とかも、

とーってもいいです。


|

« トンネル | トップページ | てくてく »

映画・テレビ」カテゴリの記事