« 境界線 | トップページ | 深青 »

平成の平さん

Fddef1a782174cbb96e6a9a9a2af3d17

夜廻り猫の5巻が発売に。

最初はツイッターだったかな。
そのあとネット連載になって、

もう5巻なのか。


平成という時代が、
あと1週間で終わりで、

この30年間を振り返ったりしちゃうと、

大学受験の失敗から始まって、
たいした仕事もできるようにならず、

そのうち20年間はずっと
オムツかえてご飯食べさせてるワケで、

それは令和になっても続くわけで、
まあびっくりなんだけど、

そんな個人的な愚痴が噴出すると
後片付けが面倒なので、

蓋をしておいて。


平成っていう時代を、
うまく表現してる作品が、

この夜廻り猫だと思う。


遠藤平蔵という猫が、
涙の匂いを嗅ぎつけて、

人々に寄り添う。


人の心の在り方が、
ますます問われる社会になるだろうし。

古い価値観で乗り切れるほど、
単純じゃなくなってきてる。


平成の残りあと1週間に、
まあとりあえず、読んでみて。


|

« 境界線 | トップページ | 深青 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事