« ひかり | トップページ | Meet the Collection -アートと人と、美術館 »

通院苦

Img_2680

流し目なオレ。
車イスの修理を待ってるところ。


昨日は通所をお休みして、
病院のはしご。

側わんのコルセットを新調するので、
先生と技師さんが大汗かきながら型取りして、

車イスの背面の角度を変えたので、
パイプ交換して、

病院を移動。


3ヶ月ごとの、
てんかんの薬の処方で主治医の外来。

いつものように、
2時間待って、5分の診察で終わる。

きっとなんども書いてるけど、
完全予約で30分間に4人なのに、
ひとりで30分くらい話し込んじゃう患者さん(の親)がいる。

まぁ、仕方ないさ。
きっと問題がたくさんあるんだろう。


でもさ、毎回だよ。

毎回、2時間待ちでさ。

ちゃむさんは、
処方せん出してもらうだけなんだよねー。

何か問題が起きれば、
長く診察してもらうこともあるかもしれないけど、

それは、分けたほうがいいよねぇ。

って言っても、
先生の外来は月1回だから、
分けようがないんだよねー。


小児科の特別外来なので、
待合室で子どもたちにガン見されながら2時間。

こっちも子どもだった時は、
まだ許せた。

体も心もクッタクタよ。


あー、
こんなのいつまで続くんだろう、

って、毎回思う。


|

« ひかり | トップページ | Meet the Collection -アートと人と、美術館 »

障害者福祉」カテゴリの記事