« 花と器のハーモニー2019の続き | トップページ | 大きなプリン »

【映画】海獣の子供

Kaijunokodomo

原作を読んでみようか迷って、
読まずにまずは映像を観てみた。


設定はいろいろと違うっぽい。
映画の舞台は江ノ島周辺になってる。

新江ノ島水族館がたくさん登場してて、
コラボイベントもやってるらしい。


海と空と少女の夏。


ストーリーがとにかく壮大なので、

っていうか、
壮大すぎて追いつけない。


アーティストの映像芸術作品を、
ひたすらみせられているような感覚にもなる。

抽象的な表現が続いてしまうと、
印象に残らないのでもったいない気もする。


ただ、美しい。

海も空も、
生き物もすべて。


少年も少女も、
キーンのビッグアイズみたいな目をしてる。

直視するのが怖いくらいの目だけど、
ちゃんと見ないと置いていかれる。


エンディングテーマは、米津玄師の海の幽霊。
これがまた壮大な曲で。

この曲まで含んで物語が完結してる。


「大切なことは言葉にならない」のだね。


|

« 花と器のハーモニー2019の続き | トップページ | 大きなプリン »

映画・テレビ」カテゴリの記事