« 【映画】アナと雪の女王2 | トップページ | また来年 »

【映画】アナと雪の女王2 〜感想のつづき〜

F2

このエルサ、
今までと雰囲気が違うでしょ?


覚えておきたくても、
覚えておけないので。

ネタバレ的感想も残しておく。

ネタバレですよ。
これから映画を観る人は読んじゃダメね。


-----


水の記憶。
水は全てを記憶している。

そして再現する。


平和で穏やかな毎日が、
ずっと続いて欲しいと願う?

でも、
変わらない毎日が尊いわけじゃない。

変化が欲しいときもある。
変化したくなくても変化せざるを得ないことも。


みんないっしょにがんばろう、
じゃなくて、

個々で、
今できることの最善策を考え行動する。

個々で悩む。
葛藤は自分の個人的なもの。


みんないっしょに怖がって、
みんないっしょに戦って、

本当は間違ってた。
本当は戦いたくなかった。

後出しジャンケンみたいな言い訳は、
みっともない。

それじゃ何も解決しない。


エルサの道。
アナの道。

それぞれがはっきりと見えてくる。

一緒にいないという選択がいい。


アナって、
本当にクリストフのことが好きなのかな。

子どもの頃のシーンでも、
結婚への憧れが強くて、

だから結婚したいって求めるのかな。


でも、それはそれ。

そこがすべてでも、ゴールでもない。

そういう考えがあってもいい。
そうじゃない考えがあってもいい。

対照的な姉妹。


エルサのことが、
前よりも好きになった。

前作では、腰クネドレス姿が
ちょっとうんざりだった。

今回は全身で飛び回って、
自然と向き合う姿が美しかった。

本当の美しさっていうのは、
こういうことだ。


|

« 【映画】アナと雪の女王2 | トップページ | また来年 »

映画・テレビ」カテゴリの記事