« 元旦 | トップページ | 正月三日 »

初夢

1d061aa2df874e02b9ac4fd7f0cbff7d

初夢に、
こんな夢を見た。


バスに乗っている。
実家の近く、京急の線路沿いの道。

急にゴゴーっと音がして、
隕石みたいな巨大なミサイルが線路に落ちた。

爆音と爆風。
バスごと吹き飛ばされる。

どうにか這い出て、
瓦礫のなかを逃げる。

逃げながら、
通所してるちゃむさんを、
どうやって迎えに行こうか考えている。

時折りミサイルが飛んでくる。
細くて長いミサイル。瓦礫に突き刺さる。

破裂する前にその場を離れる。
それを繰り返す。

住宅の残っているところで、
民家のレストランがあるから、
そこへ逃げようと誘われる。

隠れながらドアをたたいて、
なかに入れてもらう。

ご夫婦で経営しているレストランらしい。
快く迎え入れてくれる。

外は爆発音、銃撃音。

体を低くして、
隠れながら時の経つのを待つ。

いろんな人が出たり入ったり、
家のなかでも銃撃があったり、

食料がないとか、
食料が手に入ったとか、
みんなでラーメン食べたりとか、

長い時間が流れる。

人は減ったり増えたりする。

出て行った人は、
もう帰ってこなかったりする。

攻撃をしてきているほうの国の、
知らない子どもを匿うことになる。

5歳くらいの男の子。
汚れた白いランニングシャツに、
ベージュの半ズボンをはいている。

子どもに罪はない。
ごはんを食べさせる。

スープみたいなものか、
スプーンを握るようにもって、

子どもが、にかーっと笑った。

ちょっとホッとして、
目が覚めた。


長かった。
夢のなかで何ヶ月も経ってた。


初夢にしては、
ヘビーでリアルすぎた。

どんな一年になるんだろう。。。


|

« 元旦 | トップページ | 正月三日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事