« 夜さんぽ | トップページ | バラが咲いた »

たんぽぽ

0c81dc5954cf4d13b25675b1ff4ce407

花壇のレンガの隙間から、
今年もたんぽぽが咲いた。

たんぽぽの長い長い根っこが、
静かに冬を越し、

遠慮がちに芽を出して、
様子をうかがいながら葉をのばす。

そんな想像。


さまざまな自粛が求められる生活のなかで、
非難されてしまう人たちは、

想像力が足りないのだと言われている。


こういうときに必要なのは、
広い視野を持った想像力だ。


営業自粛を求められても、
店を閉めないパチンコ屋に並ぶ人が、

「だって自粛自粛ってストレスたまるし、
 オレはコロナにかかっても別にいいんだ」

なんてコメントをしてたりする。

パチンコ屋に並ぶ人は、
自分の半径1mくらいのことしか想像できていない。

身勝手な想像力だ。


治療法がなく、
死者が増加してる感染症になってしまったら、

すれ違うすべての人、
病院などの医療関係者、
保健所などの公的機関関係者、
死ねば葬儀屋、

ほかにも見えてない大勢の人々を、
さらなる危険にさらす。

体力的にも精神的にも、
極限状態の人々に、鞭打つことになる。


自分だけが鞭打たれるなら、
それは好きにすればいい。

なんなら、あたしが鞭打ってやるさ。


想像力って、
何もないところからは生まれない。

たんぽぽが、
長い根っこを持ってるってわかるのは、

子どもの頃に絵本を読んで、
自分で掘って、見て、知っているからだ。


想像力には、ベースになる知識が必要。

知らないところからは、
何も生まれない。


こんなときに、
想像力に頼ってる場合じゃない。

わからない人には、1から100まで、
またはそれ以上の説明がないと伝わらない。

相手は大人のなりをしてても、
新生児並みなんだから。


無知はどんなときも罪だなぁ。


|

« 夜さんぽ | トップページ | バラが咲いた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事