« おめでとう | トップページ | 障害者手帳カード化 »

更年期の症状などについて

Dd1516ff09ff4c609ac304bb521bcff9_1_201_a

昨夜はガッツリ眠れなかった。
おやすみブレンドのアロマオイルも効かなかった。

ちゃむさんの訓練&通所への送りは、
ダンナがしてくれるから助かった。


いわゆる更年期障害や更年期の症状、
ホルモンバランスの乱れによる体調不良について、

ニュースになることが増えた。
NHKでも特番を組んだりしてるし。


更年期症状において、
女性は女性に厳しいのだ。

きっとそれが、

更年期障害や症状の、
理解と治療の妨げになってるよ。


顔から汗が大量に吹き出すようになったのは、

30歳過ぎたころ、
ストレス性の若年性更年期症状が出て、

婦人科通って、
お尻にホルモン注射してた時期からだ。

生活すべてを変えないと治らないと言われ、
匙を投げられたホルモンバランスの乱れが、

いま思えば、
乳がんへのスタートだったと思う。


現状で、乳がんの治療薬で起こってる、
更年期障害に似た症状の汗は、

以前の2倍から3倍と言ったところ。

朝、目が覚めると、
まずは、ぐわーっとのぼせて汗が吹き出す。

例えば、レジで、
お支払いは?カードで、
みたいな、当たり前のやりとりでさえ、

顔から汗が吹き出す要因になる。

1日に何度もだから、
顔に何か塗るのはほぼ不可能。

顔だけじゃなく、
全身からも湧き出す。

ただ、放射線治療した部位は、
いまだにさらさら〜。脇汗も出ない。

汗だくになってると、
この人、具合悪いんじゃないか?と、
心配されることも、年に何度かある。

症状は、汗だけじゃない。

関節の痛みに、動悸に、胸痛に、血圧上昇に、
めまいに、耳鳴りに、急な眠気に、不眠。

一般的な症状を並べてるわけではなく、
全部、自分に起こってること。

記憶力の低下。
過去のことも、多くを思い出せない。

人の名前と顔は、ほぼ忘れてる。
ごめんなさいね。

あとは気分の落ち込み。
3日に一度は死にたくなる。

それがもう6年。
治療を断念する人がいるのも、うなずける。

最初のホルモンバランスの乱れからなら、
もう20年だった。

でも、しんどくても、
ヘラヘラしちゃうんだよねー。


症状に対して、
何も対策してないわけではなく、

内科の先生に相談して、
軽めの降圧剤と漢方薬を使ってる。

乳腺外科では相手にしてもらえなかった。
所詮あそこは外科なのね。


あたしががんになったことを知ってる人は、
会うと形式的に体調を聞いてきたりする。

病気の話は黙っておくのが利口な世の中なので、

正しい答えは、
じぇんじぇんだいじょうぶぅ、

なんだけど、
うっかり間違って症状を話しちゃうと、

それは年齢的なものでしょ、
仕方ないし、みんなそうだよ、

なんて諭されたりする。

なんか、
話したこっちが悪いことしてるみたい。

すんません…
ほっといてください。しんどいんで。

それでも、ヘラヘラしちゃう。
だって笑うしかないじゃんねー。


更年期症状において、
とにかく女性は女性に厳しい。

共感でマウントとってどうする。

女性は女性にやさしくしましょうね。
もちろん男性もね。


更年期の症状は、多くが加齢により、
卵巣からのホルモン分泌が低下することによっておきる。

ホルモン量の低下によって、
あちこち具合悪くなって、

脳は卵巣に、
ホルモン出せよ、って命令するけど、

卵巣はもう出せないから、
さらにトラブルになる。

卵巣から出ないなら、
副腎から出そうよ、ってことになるらしいけど、

乳がんの治療薬は、
そのホルモンもブロックさせる。

だって、
エストロゲンががんのエサになるから。


脳はずっとパニック状態なんだろう。
暴走、と表現した医者がいたけど、納得。

その暴走によって、
子宮、卵巣、卵管を全摘する羽目にもなった。


あたしの脳に、
平穏は訪れるのだろうか。


こんなこと、
ぐちぐちたらたら書いてるのも、

きっと症状のひとつだよ。


っていうか、
気温の上昇とか季節的な変化のせいか、

ちょっと落ち着いてた症状たちが、
一斉に出てきてるんだよねー。


もっと気晴らししなくちゃ。


|

« おめでとう | トップページ | 障害者手帳カード化 »

心と体」カテゴリの記事

乳がんのこと」カテゴリの記事