« 節分・八坂神社 | トップページ | 節分・吉田神社 »

節分・須賀神社の懸想文売

Img_1200

節分京都の振り返り。

平安神宮の北、
聖護院門跡前にある須賀神社には、

ちょっと変わった節分行事があります。


Img_1199_20240206194701

聖護院周辺を歩いていると、
こんなポスターがたくさん貼られてました。

雅な装束をつけた人に、
何かもらってます。


Img_1921

懸想文売、という人です。

懸想文とは、ラブレターのこと。

大河ドラマでまひろちゃんが、
恋文の代書をするシーンがあったでしょ?

平安時代、
文字を書ける貴族が顔や素性を隠して、
恋文を代筆することがあったそうです。

貧乏貴族のアルバイトだったとか。

それを現代に伝えているのが、
須賀神社の懸想文売さん。

懸想文を、
縁結びのお守りとして授けてくれます。

縁談だけでなく、
商売繁盛でもいいらしい。

節分前日と当日の2日間だけ、
境内に登場するそうです。


Img_1201_20240206194701

いました、いました、
本当にいました、懸想文売さん。

買いましょう、懸想文。


Img_1204_20240206194701

先に社務所でお金を払って、
引換券をいただきまして、


Img_1205

懸想文、いただきました。
「願いが叶いますように」って。


Img_1918

表はこんな感じ。
けっこう大きいです。


Img_1919

中身はこんな感じになってます。


Img_1920

結んであったのが懸想文。

送り主は、
前年の干支にちなんだ女性の名前で、

送り相手は、
今年の干支にちなんだ男性の名前になってました。


|

« 節分・八坂神社 | トップページ | 節分・吉田神社 »

旅行・地域」カテゴリの記事