映画・テレビ

【映画】マスカレード・ナイト

0d3f885833854a918259340ecf9574bc

昨日はいいお天気だったのに、
出かけそびれて家にいて、

だるだるーねむいー、って、
無駄に一日をやり過ごしたので、

きょうは無理にでも出かけようと、
本当にこれ見るのか?ってセレクト。

でも、一作目もシアターで見てるんだよね。
まぁいいさ。そんな時間も。


続きを読む "【映画】マスカレード・ナイト"

|

【映画】007 NO TIME TO DIE

E489d88b6d0940368c6536e1a24bc246

ダニエル・クレイグのボンド、
最終作がやっと公開に。

最初の公開予定は昨年の始めで、
それが春になって、秋になって、
さらに翌年の始めになって、
春になって、やっと秋。

一年半以上の延期って・・・
コロナめ・・・


続きを読む "【映画】007 NO TIME TO DIE"

|

【映画】総理の夫

Ed9ea35bb6b642b4a5dca5146688d0d0

原田マハさんの原作を読んだのは、
2013年でした。

ちょうど選挙のあった夏で、
もうひとつの選挙モノ小説、
「本日は、お日柄もよく」とセットで。

今回、映画化されるというので、
あらためて原作を読んで、

最初に読んだときと
印象が随分ちがってた。


社会はどれだけ前に進んだだろうか。


続きを読む "【映画】総理の夫"

|

【映画】MINAMATA

Ef404a880bae42faad331d2f14471cc3

ジョニー・デップ製作・主演。

って聞くだけで、
大丈夫かなぁ。。。って不安がよぎった。

元妻とのDV裁判で敗訴して、
ファンタビをクビになったりしてるし。

案の定、
アメリカでは公開が未定のまま。

うーん。
仕方ないけど、もったいない。


続きを読む "【映画】MINAMATA"

|

【映画】シャン・チー テン・リングスの伝説

12f360683564412aa2cfe5f2fc257616<

所詮何をやってもムダムダ病で、
映画を見るのも億劫で、

気がつけば、
7月初めのブラックウィドウ以来の映画館。

マーベル・シネマティック・ユニバースの
フェーズ4がブラックウィドウからスタートしてるので、
やっぱり続けて見ておくかと、自分に鞭打って行ってきた。

このあと今年は、
エターナルズとスパイダーマンがあるね。


続きを読む "【映画】シャン・チー テン・リングスの伝説"

|

【映画】ブラック・ウィドウ

Ccf71accc5e24f0bb4cc9fd4960d9022

待ちに待った公開。

昨年のGW公開予定だったのに、
新型コロナで延期になって、

さらに延期になって、
また延期になって、

1年以上も待ちました。

ムーランみたいに、
配信のみになっちゃったらどうしよう、

って心配してました。
無事にシアターで見られてよかった。


続きを読む "【映画】ブラック・ウィドウ"

|

【映画】ピーターラビット2 バーナバスの誘惑

80fbc288d3424d87bcf632e968088c97

ピーターラビットのおはなし。

うさぎ版バイオレンス映画の、
その後。

もふもふ感さらにアップ。


続きを読む "【映画】ピーターラビット2 バーナバスの誘惑"

|

【映画】クルエラ

1c5a90b7e0ab48619c1ba8c26a2b8324

エマ・ストーン、
エマ・トンプソン。

2人のエマが爽快。

101の悪役、
クルエラ・ド・ヴィル誕生の物語。


続きを読む "【映画】クルエラ"

|

【映画】普通に死ぬ〜いのちの自立〜

6fcdea7eed0a4f1cad038062c7fccc98

この世界が他人ゴトで済む人が
心底うらやましい。

普通に死にたいのは、
障害当事者だけでなく、

親も、です。


十年ほど前に公開された、
「普通に生きる」の続編。

前作は、
静岡県富士市・富士宮市で、
親たちが通所施設を立ち上げる話しで。

監督さんは、あのあとも、
ずっとこの団体を追ってた。


続きを読む "【映画】普通に死ぬ〜いのちの自立〜"

|

Let everything happen to you

2306fe0ae04140f585d1f366bcd43b1f

Let everything happen to you
 すべてを体験せよ
Beauty and terror
 美も恐怖も
Just keep going
 生き続けよ
No feeling is final
 絶望が最後ではない


映画「ジョジョラビット」のラスト、
リルケの詩の一部がスクリーンに。

アカデミー賞授賞式があった関連で、
wowowで過去の受賞作特集などをやっていて、

久しぶりにジョジョラビットを見た。
哀しくて、可笑しくて、愛おしい作品。

この言葉が、
きっと今なのだと思ったのですよ。


|

より以前の記事一覧