書籍・雑誌

わたぶんぶん

B9c35e0f1c094895942183e8035cee30

昨日はこの本を読んだ。

表紙が可愛くて手にとってみたら、
沖縄の料理と人のエッセイだった。

本屋で見つけて、kindleで買う。


続きを読む "わたぶんぶん"

|

ウー・ウェンさんの本

A108b69479b649d395068cf07e69865b

同じ著者の本を4冊続けて読んでる。

料理研究家、
ウー・ウェンさんのエッセイ。


続きを読む "ウー・ウェンさんの本"

|

89歳、ひとり暮らし。

78d69e8d869e43d3a161f289a21ec1df

最近読んだ本。

たまたま発売日に、
誰かがRetweetしてた、
著者のかたのTweetを見かけた。

Twitterが趣味の、
89歳のおばあちゃまの、
ひとり暮らしぶりが本になった、という。

Kindleにあったので
なんとなく読んでみたら、

なかなかよかった。


続きを読む "89歳、ひとり暮らし。"

|

野鳥図鑑

F49281fb9a444daa8ee3b03cbe22ff21

野鳥図鑑を買って、

鳥の付箋も買って、
知ってる鳥に印をつけた。

知ってるようで、知らない、

カモとかカモメとかは、
そのへんでよく見かけるけど、見分けがつかない。


続きを読む "野鳥図鑑"

|

2021年に読んだ本

Img_1794

今年読んだ本は、
昨年と同じく、80冊くらい。

ドラマ化されて、
再読した小説とかが多かった。

あとは、
山歩きしたいー、って思いながら、
山関係のコミックとか、登山知識ものも。


このなかで、
今年の一冊を選ぶなら・・・


続きを読む "2021年に読んだ本"

|

プラナリア

23fe26a85e4a4fd1a812833a4fb6ad77

山本文緒さんが秋に亡くなって、

そういえば直木賞受賞作を読んでないなー、って思って、
Kindleに落としておいた。

今週、乳腺外科の待ち時間に、
何となく読み始めたら、

タイトルになってるプラナリアは、
若年性乳がんの春香ちゃんの話しだった。


続きを読む "プラナリア"

|

停電の夜に

0e9481c13c884eb29f9e74123e0888ed

何度も読みかけてはやめていた本。
やっと読み終えた。

なぜこれを読もうと思ったのか、
もう忘れてしまった。

作家に興味があったのかな。


続きを読む "停電の夜に"

|

こどもは古くならない。

B3a25dc9e25446278d91643465edb431

そうだよねー、って、
いま一度うなずく。


先週のセブンルールに、
著名な料理研究家の娘さんが出てた。

母親のイメージとは真逆の雰囲気なのは、
ブリーチしたボブ、自分でピンクに染める。

魚屋を経営して、
料理の仕事もして、
子育てしながら、

コロナ禍でも週に何度もゴルフへ行く。

自分らしく、
自分の生き方を貫くきっかけになったのは、

がんになって、
死ぬかも知れないと思ったから、らしい。

同病でした。

うらやましい。
気持ちわかるわ。


そんな番組をみたあとに、
この言葉を見つけて、突き付けられた。

あたしはどうしたい?


続きを読む "こどもは古くならない。"

|

終戦の日に

82f43437d0f8432bb75139c8948f14e9

何か戦争にまつわる本を読んでおこう、
そう思わせるのが8月。

角野栄子さんの
「トンネルの森1945」を読んだ。

子どもの目線で語られる、
戦時下の暮らし。

きっとこんな子どもがたくさんいた。
きっといまも世界にはこんな子どもがいる。


|

ヴァン・ショーをあなたに

0bc76a125b874417b1e690921bbe222d

最近、再読、再再読した本。

近藤史恵さんの
ビストロ・パ・マルのシリーズ。

タルトタタンの単行本は2007年。

最初に読んだのは、
文庫化・電子化された2014年だった。

3冊目のマカロンが2017年。
文庫化・電子化が待てず、単行本、
それもサイン本を買ったほどお気に入り。


続きを読む "ヴァン・ショーをあなたに"

|

より以前の記事一覧