書籍・雑誌

停電の夜に

0e9481c13c884eb29f9e74123e0888ed

何度も読みかけてはやめていた本。
やっと読み終えた。

なぜこれを読もうと思ったのか、
もう忘れてしまった。

作家に興味があったのかな。


続きを読む "停電の夜に"

|

こどもは古くならない。

B3a25dc9e25446278d91643465edb431

そうだよねー、って、
いま一度うなずく。


先週のセブンルールに、
著名な料理研究家の娘さんが出てた。

母親のイメージとは真逆の雰囲気なのは、
ブリーチしたボブ、自分でピンクに染める。

魚屋を経営して、
料理の仕事もして、
子育てしながら、

コロナ禍でも週に何度もゴルフへ行く。

自分らしく、
自分の生き方を貫くきっかけになったのは、

がんになって、
死ぬかも知れないと思ったから、らしい。

同病でした。

うらやましい。
気持ちわかるわ。


そんな番組をみたあとに、
この言葉を見つけて、突き付けられた。

あたしはどうしたい?


続きを読む "こどもは古くならない。"

|

終戦の日に

82f43437d0f8432bb75139c8948f14e9

何か戦争にまつわる本を読んでおこう、
そう思わせるのが8月。

角野栄子さんの
「トンネルの森1945」を読んだ。

子どもの目線で語られる、
戦時下の暮らし。

きっとこんな子どもがたくさんいた。
きっといまも世界にはこんな子どもがいる。


|

ヴァン・ショーをあなたに

0bc76a125b874417b1e690921bbe222d

最近、再読、再再読した本。

近藤史恵さんの
ビストロ・パ・マルのシリーズ。

タルトタタンの単行本は2007年。

最初に読んだのは、
文庫化・電子化された2014年だった。

3冊目のマカロンが2017年。
文庫化・電子化が待てず、単行本、
それもサイン本を買ったほどお気に入り。


続きを読む "ヴァン・ショーをあなたに"

|

ねこしきの苺のタルティーヌ

D524ce61573247ef8394a616314e1ef3

きのうのお昼。

猫沢エミさんの「ねこしき」から、
苺のタルティーヌを。


続きを読む "ねこしきの苺のタルティーヌ"

|

インパクト

269a8c36c641447ea410e69c56cf6a75

連休中に読んだ本。

表紙の顔のインパクトで、
思わず買ってしまった。

ちなみにこの人は、

タイトルにあるロバートツルッパゲさんでなく、
著者のワタナベアニさんでもない。


続きを読む "インパクト"

|

専門医が教える新型コロナ・感染症の本当の話

Fffedb38afaa40adba0f6718dd78e342

今日まで再延長されてた緊急事態宣言が、
また2週間延長になったので、

国際感染症センター感染症専門医の
忽那賢志医師の本を読んだ。

ちゃんとした先生の、
ちゃんとした情報をおさらいする。


続きを読む "専門医が教える新型コロナ・感染症の本当の話"

|

柴ばあと豆柴太

66ec62ea54ba42a09ca51d58fecded7c

金曜日に、
あさイチで紹介されてた漫画。

Kindleで落として、一気読みした。

弁当屋さんを営む柴ばあと、
柴ばあを支える、孫の豆柴太の日常。


続きを読む "柴ばあと豆柴太"

|

バルバロ訳

243ed9872c314729b92d9d345a0aa453

大きくてお高いので、
ずっと迷ってた聖書を買った。

フェデリコ・バルバロによる翻訳の聖書。
通称、バルバロ訳。


世界一のベストセラーである聖書は、
いろんな訳が出てる。

宗派ごとのものもあれば、
主な宗派が共同で訳したものもある。

言いまわしとか、
言葉の雰囲気とかが、それぞれ違う。


続きを読む "バルバロ訳"

|

女性のいない民主主義

85fc7b8d0a8c485ea898a86f614e655a

岩波新書、 久しぶりだ。

別のベストセラー新書を買うのが目的で、
こっちはついでだったんだけど、

なかなか興味深い。

いまにぴったり。


続きを読む "女性のいない民主主義"

|

より以前の記事一覧