書籍・雑誌

いつか来る死

Ad76da48ea764c889ee8a2fb8de20ab0

週末に読んだ本。

もとは、ほぼ日に掲載された対談で、
加筆、書籍化された。

糸井さんと、
訪問診療医の小堀鷗一郎先生。

写真は、幡野広志さん。


続きを読む "いつか来る死"

|

2020年に読んだ本

2020books

ステイホームな状況だったわりには、
あんまり読んでなかった。

80冊ちょっと。

年内にまだ読むけど、
90冊には届きません。

小説も、エッセイも、
マンガも読みました。

コウノドリが終わっちゃったー。
吉田秋生の新連載うれしー。

そんなこんなで、
今年の一冊を選ぶなら。。。

続きを読む "2020年に読んだ本"

|

自転しながら公転する

Adcb99b0514f4cecb5e966b1a76906fb

この前の日曜日、
五〇〇ページ近い小説を一気に読んだ。

ずっとイライラしていた。


続きを読む "自転しながら公転する"

|

気仙沼漁師カレンダー

2dd72d87545f4831be9fa3a3499b5879

気仙沼漁師カレンダーをお取り寄せしました。

かなり大きなサイズ。
カレンダーが入ってた袋にも写真いっぱい。


なんで漁師のカレンダー?っていうのは、
写真を撮ってるのが幡野広志さんで、
幡野さんの文章も豊富だから。


カレンダーというか、
フォトエッセイにしたらいいのに。

再編集して、写真増やして、
ハードカバーで。

もっと空気が伝わる。
もっと空気を知りたい。


|

私たちはふつうに老いることができない

2459d70a9b6c4457acc9c51ac1e33261

ちゃむさんと同病のお子さんの
ママさんが紹介していた本。

「私たちはふつうに老いることができない
高齢化する障害者家族」

気になったので、
Kindleで落として一気読み。


続きを読む "私たちはふつうに老いることができない"

|

Highly Sensitive Person

6f40088f39fb49928be7845be9a4853d

数年前から話題になってる、
Highly Sensitive Person、HSPのこと。

こういう心理学的アプローチは、
時代と共に解釈や分析が変化するので、
流行りみたいなものかもしれないけど。


日本人が書いた本は、
「繊細さん」なんて表現になってて、

どの面下げて、
自分のことを「繊細さん」なんて言うんだよ、
ってがっかりしてました。

なので最初の一冊は翻訳物を。

考案者である、
エレイン・アーロンの本が読みたかったんだけど、
Highly Sensitive Childの本しか見つからなくて。


続きを読む "Highly Sensitive Person"

|

2020年6月30日にまたここで会おう

65b3fbdedbae44abbe0cb9bfd1763b49

久しぶりに刺激的で面白かった。

話題の本、
「2020年6月30日にまたここで会おう
 〜瀧本哲史伝説の東大講義〜」を読みました。


昨年亡くなった投資家、
瀧本哲史さんの2012年の講義をまとめたもの。

全国から集まった10代、20代に、

知識を持って、自ら考え、行動して、
未来をつくることを問いかけた。


続きを読む "2020年6月30日にまたここで会おう"

|

おうちたのしみ箱

Dc147b4e013c46998a360f84974a5dfc

作家の浅生鴨さんセレクトの、
おうちたのしみ箱を買ってみました。

新刊の異人と同人IIは、
Amazonに予約してたんだけど、
キャンセルが間に合ったのでこちらで。

鴨さんセレクトの2冊は、
中央駅とロボットイン・ザ・ガーデン。

自分では出会えない本を選んでもらうって、
おもしろい経験。

2冊ともなかなかよさそう。
読むの楽しみ。


|

7月の京都

C903c31e86b34607a6a07595d2edf23c

京都の出版社さんのキャンペーンに応募して、
写真満載のガイドブックをいただきました。

7月の京都。
月ごとの京都を案内するシリーズ。

7月の京都といえば、祇園祭。
行ってみたいなー。

今年は山鉾巡行が、
中止になっちゃったけどね。


ありがとうございました。
京都大好き。


|

福田利之作品集2

3739f03d99db4afdbe7c4841f6257e57

イラストレーター福田利之さんの
新作作品集が届いてきた。

今回は、ほぼ日で予約。
なぜなら、


続きを読む "福田利之作品集2"

|

より以前の記事一覧