トップページ | 2006年2月 »

はじめに

DSC00763

ちゃむは、1999年10月31日生まれの男の子。

1歳7ヶ月のときに急性脳症にかかり、
後遺症で、重度重複障害があります。

ちゃむについて詳しくは、こちらをどうぞ。


病気になったのは、この家を建てて、引越ししてから、
2ヶ月半ほどたったときでした。

元気な家族が住む、を前提に設計された家です。

立てない、歩けない子どもと生活するには、
不便なことが、たくさんあります。

障害を負ってから、4年が経過。

生活空間をもっと快適にするために、
介護者も本人も、安全に暮らすために、
リフォームの検討をはじめました。

どんな風にできあがるか、お楽しみに!



| コメント (0) | トラックバック (0)

現状

P2110003

建築中だったころの写真です。古い・・・
外壁を塗り替えたので、今はぜんぜん違う家です(汗)


この家の間取りは、

1階>>玄関、リビング(12)、ダイニング(7.5)、キッチン(4.5)、トイレ
2階>>お風呂、寝室(7.5)、仕事部屋(6)、子ども部屋(6)、トイレ

いちばんの問題点は、お風呂が2階にあることなのです。

1階は、ほとんどLDKのみ、なので、
1階だけで生活することは、不可能です。

抱っこで階段を登らなければ、寝室へもいけません。


また、玄関先に3段の階段、
ほかの入り口となるウッドデッキも、3段の階段があります。

外へ出るにも、段差があり、
車に乗せるにも、抱っこの必要があります。


子どもだから、抱っこでどうにかなっていたのですが、
障害があっても、未熟児だったわりに体の成長は順調で、
身長体重ともに、標準よりも少し大きめに育っているので、
かなり無理がでてきました。




| コメント (0) | トラックバック (0)

どこに相談するか

まず、区役所の福祉課に相談に行きました。
地域担当のケースワーカーの方に、家庭訪問していただき、
家の現状、問題点、どうしたいか、を話し合いました。

そして、横浜市総合リハビリセンターから、
建築士さんと訓練士さんにも来ていただき、
子どもの障害状況や、どんな装置が使えるかを、検討しました。

費用面は、
住環境整備費の助成が対象になります。

が、所得額制限があり、全額負担、ということが判明!

でもまぁ、仕方がありません。
必要なのですから、
リフォームの検討を取りやめるわけにはいきません。


・・・と、ちょっと金額面はあきらめていたのですが、

プラン変更して、年度がかわってから再度申請したところ、
一部助成していただけることになりました!

ということは、いまのうちにPlan and Goです!



| コメント (0) | トラックバック (0)

ホームエレベーター

DSC00013

まず考えたのが、
ホームエレベーターの設置です。

ダイニングに階段があり、2階まで吹き抜けになっているので、
その部分を壊して、エレベーターと新しい階段をつけられないか、
ということで、検討を開始しました。

条件にあうエレベーターメーカーは1社。
三友エレベーターへ、座位保持装置持込みで見学にいき、
試乗もしました。

すっかり、これで決まり!! という気分になっていたのですが、

実際に工事業者に来てもらって、検討したところ、
梁と柱の位置が問題になり、
吹き抜け部分への設置が難しい、という結果に・・・

リビングの一角への設置も検討したのですが、
やはりメインの生活空間であるリビングが、
狭くなってしまうことに抵抗があり、

ホームエレベーター案は、水の泡と消えたのでした。


| コメント (0) | トラックバック (0)

階段昇降機

DSC00750

ホームエレベーターをあきらめて、
検討したのが、階段昇降機です。

階段幅は、じゅうぶんなので、設置は可能ですが、
座位能力が不足しています。

でも、少し前にくらべれば、お座りが上達してきています。

もしかしたら、座らせる方法があるかも? という希望をもとに、
リハビリセンターでデモ機に乗せていただきました。

結果、
段差解消機そのものを改造することはできないのですが、
座面、背面、ベルトを工夫すれば、使えそう! ということになりました。



| コメント (0) | トラックバック (0)

トータルで考える

どうやって2階にのぼるのか。

そればっかり考えていました。
でも、それだけでは解決しないことに気づきました。

階段昇降機に乗せるにも、
座位保持装置に座らせるにも、
かならず抱っこしなければならないのです。

それには、必ず<抱っこできない体重>という、
限界がやってきます。

そこで、生活面をトータルで考えた、
リフォーム案にひろげていくことにしました。


<段差解消機>
 外との出入りは、リビングの窓から。
 ウッドデッキを一部カットして段差解消機を設置し、
 床面まで車イスごと持ち上げる。

<天井走行リフト>
 車イスで部屋に入ったら、リフトで吊って、
 生活のメイン空間である、床のゴロゴロエリアへ。
 車イス、座位保持装置、階段昇降機へ座る際にも、
 リフトを使用できるように、リビング全体を移動できるタイプにする。

<階段昇降機>
 1階、2階間の移動は、階段昇降機
 通常の椅子に座れないため、
 座面には、簡易的な座位保持装置を乗せる。

<バスチェア>
 階段昇降機で2階にあがったら、
 お風呂への移動は、車イスタイプのバスチェアを使用。
 リクライニングでき、お風呂内の吊り具にもなる。

<お風呂の段差>
 2階用のユニットバスを設置しているため、
 お風呂と脱衣所、脱衣所と廊下に、2段階の段差がある。
 床を壊し、配管などを切り回して、平らにする。

<お風呂用リフト>
 脱衣所、洗い場、湯船の移動は、
 お風呂用のリフトを使用。
 バスチェアを吊り具として、利用する。


と、こんなに改善案がでてきました。
ものすごい大工事になりそうです・・・

でも、どれも必要であることを実感です。
抱っこできなくなってからでは、遅いのです。



| コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »